秘書の苦悩の日々を告白


by g1xyudximu

吉川英治文学賞に重松清さん(産経新聞)

 第44回吉川英治文学賞(吉川英治国民文化振興会主催)は5日、重松清さんの「十字架」(講談社)に決まった。賞金300万円。第31回同新人賞には池井戸潤さんの「鉄の骨」(講談社)と、冲方丁(うぶかたとう)さんの「天地明察」の2作が選ばれた。賞金各100万円。第44回同文化賞は、川田昇さん(福祉家)▽久連子(くれこ)古代踊り保存会(熊本県の重要無形文化財の伝承団体)▽菅原幸助さん(中国残留孤児の帰国支援)▽明珍(みようちん)宗恭さん(甲冑師)の3個人1団体。賞金各100万円。贈呈式は4月10日、東京・内幸町の帝国ホテルで。

【関連記事】
作家の立松和平さん急死で惜しむ声「早すぎる…」
坪田譲治文学賞に濱野さん「トーキョー・クロスロード」
「情熱の歌人」与謝野晶子短歌文学賞 投稿歌を募集
どん底が培った「異能」 宮ノ川顕さん『化身』
ヒット作連発 作家・奥田英朗、「地方の疲弊」を描きたい

<学力テスト>7割で実施へ 全国小中学校(毎日新聞)
普天間基地存続を示唆 前原、平野両氏(産経新聞)
宇宙飛行士の野口聡一さん 子供たちに絵本の読み聞かせ(産経新聞)
「ヤミ金融やめていた」初公判で被告無罪主張(読売新聞)
政府の休日分散化案 全国5地区で順番に取得(産経新聞)
[PR]
by g1xyudximu | 2010-03-11 21:01